憂国の騎士
ニュースを見て感じたことを書いたりとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超異常?
頭の悪い記事が目に付いたのでメモ。

デイリースポーツオンラインの記事「乱射男は超異常学生だった」

上記をまとめると、こうなるだろう。

講義中の教室の写真を無断で撮影したり、創作の講義で死をテーマに選び、変な物語を書いたりする異常行動があり、更に過去メンタルヘルスの治療を受けていた事実があるのに具体的な措置を取らなかった大学当局に批判の声が上がりそうだ。

この記事の主張が「教室で写真撮って変な物語を書いた事があり、メンタルヘルスの治療を受けた事のある人間は監視下におかれてしかるべき」と言ってるように見えるのは私だけだろうか。

また、この程度の事で「超異常」とするのは変だと思う。
記事を書いた人間の名前を出さないのは、変な記事を書いているという自覚があるのだろう。
何が狙いなのだろうか。

スポンサーサイト

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

尊敬するとは
他人を尊敬するという事の本質とはなんだろうと、ふと思った。

自分より優れている?
自分より大変な苦労をしている?
社会に対して大きなプラスの影響を与えている?

人間の行動の要因をDNAと環境に求めれば、どのような人物も尊敬や軽蔑に値しないように思えるが、これって変だろうか。

例えばイチロー選手をとても尊敬してたとする。
尊敬する理由を「すごく努力している」とする。

しかし努力する才能があったのだという視点で見れば、結局は彼の才能を尊敬しているという事にならないだろうか。

例えばライオンと檻の中で素手で戦って勝てる人間は居ないとする。
つまりライオンはある条件下で全ての人間より強いとする。
はたしてライオンは尊敬に値するのだろうか?

イチローが尊敬出来てライオンが尊敬出来ないのは、種が違うから?

例えば運動の才能がある一卵性双生児のうちイチロー君を大金持ちの家で育てジロー君を貧乏人の家で育てたする。
30年後イチロー君は世界的に有名な野球選手になり、ジロー君はホームレスになった。

イチロー君は尊敬の対象になるが、ジロー君は軽蔑の対象だ。
彼らの本質的な違いってなんだろう。

私やあなたの周囲に居る、尊敬できる人と唾棄すべき人物との本質的な違いってなんだろう。

それは、ようするに自分にとって有益か否かという事になるのだろうか。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

無意味に思える校則について
http://www5a.biglobe.ne.jp/~superT/Ttold/Ttold0203.htm

茶髪や服装やピアスが生徒の個性の問題として許さなければならないとしたら、私たちは次のステージで生徒と勝負するだけです。現在、髪が赤くならないよう、耳朶に穴が空かないようにと払っている努力を、妊娠しないように、ドラッグに手を出さないようというレベルで払えばいいだけです。しかしもちろん、私は自分の子どもとはそのようなレベルで戦う気はありません。茶髪だピアスだなどという人生や運命にあまり関わりのない部分で戦っているうちは、もっと重要な問題での戦いは始まらないことを知っているからです。


一瞬納得しかけた。どう納得しかけたかというか以下の通りである。

「生徒は大人に反抗したい。だからわざとどうでも良いような規則を作って通常の生徒はこれに従わせる。例外の生徒にはこれに反抗させ、お手軽に「選ばれた者感」を与える。もし服装が自由という事になれば「選ばれた者感」を手に入れたい子供は、SEXやドラッグに手を出すしかない」

これは私好みの視点であり面白いと感じた。
学校の規則は無意味であることに意味があるという事だ。

しかし、本当にそうだろうか。生徒は反抗したいから反抗しているのだろうか。
確かに私も高校生の頃、制服を少しいじった程度で悪ぶっている級友を見て
「本気でやりたいなら私服で来れば良いのに」と思っていた。
しかし彼女らが「反抗してるカッコいい私を見て」程度の感覚で妊娠するような危険な
SEXをするとは思えない。
(上記は、そんな動機ではしないという意味であってSEX自体をしていないという意味ではない)

反抗するのは、無意味だと思える事にこだわり本質を分ってないように思える大人が馬鹿に見え、そんな馬鹿に従うのは嫌だという部分の方が大きかったと思う。

つまり馬鹿な規則を作るような大人など信用出来ないから、彼らが言う事などほとんど意味が無いのだと勘違いして、本当に自分達にとって有益な助言なども無視していたという事だ。

だから無意味だと感じられる規則などは無くすべきだと私は思う。

しかし私は服装を自由にしろと言っているつもりは無い。
服装を自由にしたら親の質の格差による子供の服装の格差が心配だ。

一見無意味に見える規則を導入したいなら運用する側が生徒にきちんとその理由を
説明出来るようになっておくべきだと思う。
そして生徒が納得してないなら、ちゃんと話を聞くべきだと思う。
道徳の時間なんて無くして、こういう事を議論する時間を作れば良いのに。

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ



プロフィール

憂国騎士団「み」

Author:憂国騎士団「み」
国に対して憂いを感じている、という分けではなく、単に語感が好きなので憂国騎士団を名乗っています。
団長の「み」です。関東近辺に生息しております。
よろしくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。