憂国の騎士
ニュースを見て感じたことを書いたりとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語教育
こちらで紹介されていますが、
11/5(日) 22時からNHK教育テレビで特集があるみたいですね。
見なきゃ。

さて小学校での英語必修化の可否が議論されているが
「英語よりまず正しい日本語を覚える事が重要」
というズレた意見が目に付くのでちょっとこの問題について考えてみた。

英語も日本語も言葉であり、その目的は相手に自分の考えを正確に伝達する事である。
だから自分の考えが相手にちゃんと伝わりさえすれば、多少変でも問題ないはずだ。

私が違和感を感じるのは「日本語を正しく使える事」と
「相手に分かりやすく自分の考えを伝える事」を混同している意見に対してだ。

もちろん間違った言葉を使うと混乱が発生するので、日本語を正しく使えた方が良い事は間違いない。
しかしそれは「相手に分かりやすく自分の考えを伝える事」が目的だからである。
いくら正しくても一般的に使われないような言葉を使うのはナンセンスなのだ。

「相手に分かりやすく自分の考えを伝える事」をきちんと意識できているのであれば、
多少語彙が少なくても尊敬語と謙譲語を間違っていても問題ないと私は主張したい。
正しい言葉を使う事を意識するあまり、言いたいことに関する考察がおざなりになったり、委縮してしまって発言の機会を失ったりしては本末転倒であると思う。

また、たとえ単語や丁寧語の使い方が正しくても
A「わざと難しい言葉や抽象的な言葉を使って」
a1「相手を煙に巻く」
or, and
a2「自分の知的レベルを誇示する」
という意識がある人間は目的が間違っているとしか思えない。

上記a1は戦術的に必要な場面もあるだろうがa2には浅ましさしか感じない。

さて、話は小学校での英語教育に戻るが、私は小学校で現在中学生に教えているようなやり方で英語を教えるのであれば、やらない方がマシだと考えている。

「英語を教える」のではなく「英語を授業で使う」のが良いと思う。
使いもしない単語をどれだけ沢山覚えているのかを競うような無駄な事はやめて、
その授業で出てくる最低限の英語だけを教え、後はそれを使う事に徹した方が良いと思う。

ただし「先生の英語が理解出来ないから数学も理解できない」という状況はなんとしても回避したいので授業で使う英語は出来るだけ簡単にするなどの工夫が必要だろう。

英語教育とは直接関係ないが、私は小学校の学習時間はもっと延長すべきだと思っている。
ただし、それは「楽しく学習できる事」が前提である。
「学習は楽しい」と思わせる事に最大限のコストをかけても良いと思う。
理想だと思うのは「学習が楽しい。もっと色々知りたい」と思った児童が自分で色々調べられる
環境を提供出来る場という位置づけに小学校がなることである。
勉強する主体は児童で、先生はサポーターに徹するのが良いと思う。
ヨーロッパの方でこのような方式を取っている学校があったはずである。

(ひとつの記事でいくつもの話題に触れる悪いクセがまた出てしまった)
スポンサーサイト

テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
mixiから『あしあと』たどってきました
日本語に関してですが
現代人の使う単語の問題よりも
5W1Hの無い会話をする者が増えていることに問題を感じます
主語が抜けたまま 気分で話題をシフトされると何の会話をしているのか
解らなくなってしまうこと暫し
歳の所為かとやや諦めつつあるわけですが…(^^;
英語教育は 小学校からやったところで 現在の受験英語を
そのまま小学校に持って行くようなお粗末なものなら何の意味も無いでしょうね
言葉は 知識を得たり コミュニケーションをとったり
人間として生きて行くための重要なツールです
使い方を知らなければ正しく使うことが困難になるのは当たり前のように感じます
喩えて云うなら 釘を打つための金槌が時代と共に形を変えて行くのは
必然ですが ペンチや 包丁で釘を打つのは 非常時以外は好ましくない
…ぇ~と 何が言いたかったのかわからなくなりました(-.-;

ま 知識としての英語教育なら小学校からやる必要はない

単語の変化としての若者言葉は問題ないが 言葉の使い方を間違えた現代語は
あまり嬉しくない

そんなかんじです
ちなみに 稀にやたら不自然な敬語(丁寧語)を使う者にお目にかかりますが
得意げに不自然な敬語を使われると 個人的にいらいらします
【2006/11/04 01:29】 URL | A-JIN #CofySn7Q [ 編集]


コメントありがとうございますヽ(´ー`)ノ

私は人生経験が少ないので昔と現在の比較は伝聞でしか理解できないのが悔しいですが、
おっしゃる通りだと思います。

元記事で私が丁寧語の使い方は間違えても意図が伝わるなら良いじゃないという主旨の事を言っているのは、実は自分自身が間違えているだろうと思っているからです(;・∀・)
でも人をイライラさせるなら治さないとダメですね。努力します。

私の友達にも主語が抜けたような話し方をする人が居ますが「えっと、文脈から考えるに、おそらくこういう事が言いたいのだろう」という推理をするゲームだと考えて楽しんでますw
私の主観ですが、そういう話し方をする人間同士が集まる場では男の子の方が理解力が低いように思えます。脳の作りが若干違うからか、それとも単に標本の数が少なすぎるだけなのはか判断できませんが。
【2006/11/04 11:53】 URL | み #- [ 編集]

丁寧なレスありがとうございます
>元記事で私が丁寧語の使い方は間違えても意図が伝わるなら良いじゃないという主旨の>事を言っているのは、実は自分自身が間違えているだろうと思っているからです(;・∀・)
>でも人をイライラさせるなら治さないとダメですね。努力します。

いえいえ恐らく みさんならば俺のようなものをイラつかせることは無いだろうと思いますよ
イラつくポイントは『得意げに』です
自らの『利口さ』をひけらかすようにする行為に『間違い』が多いと
その滑稽さにイラつくわけです

>私の主観ですが、そういう話し方をする人間同士が集まる場では男の子の方が理解力
>が低いように思えます。脳の作りが若干違うからか、それとも単に標本の数が少なすぎ
>るだけなのはか判断できませんが。

例えば 『Aはムカつく』と言う話題で話をするとします
男性はAがムカつく理由を論理思考しようとし 思考の中心にAを置きます
女性はAがムカつくと云うことを感性で思考し 思考の中心に『ムカつく』を置きます
(その傾向が強いと個人的に思っているだけですが)
結果 思考・連想のパターンが違うので男性は理解に苦しむことが多いのではないかと思います

標本の数も大きく影響するでしょうね
知識は積み重ねですから 土台の無い状態では新たな知識は習得できません
小学算数を知らない者に 連立方程式を教えても 理解できないのと同じです
標本の数を増やすと云う意味で 学校の勉強は社会に出て大いに役に立ちます
ココがわかってないと『学校の勉強なんて社会に出たら何の役にも立たない』などと
見当はずれのことを云うことになります
もっとも 習得した知識を利用するスキルを身に付けていなければ
やたら重い辞典を持ち歩いているようなもので
知識に振り回されて身動きの取れない羽目になるだけですが
【2006/11/04 23:29】 URL | A-JIN #CofySn7Q [ 編集]


>自らの『利口さ』をひけらかすようにする行為に『間違い』が多いと
>その滑稽さにイラつくわけです

激しく同意ですw

>『学校の勉強なんて社会に出たら何の役にも立たない』などと
>見当はずれのことを云うことになります

一夜漬けで全く覚えてないような単なるテスト対策だと、無駄になりそうですけどね。
(テストで点さえ取れれば良いという風潮が蔓延すると、こういう無意味な事に貴重な青春を浪費してしまう)
【2006/11/05 00:29】 URL | み #- [ 編集]

そうですね
>(テストで点さえ取れれば良いという風潮が蔓延すると、こういう無意味な事に貴重な青春を浪費してしまう)
学歴や内申書は初対面の人間を知る上で
重要なファクターですが
ソコに頼りすぎた結果が
現代の学歴ヘンジュウ教育に行き着いた要因ですね
俺は 『勉強』は好きではなかったので
テスト勉強を含め ろくすっぽ勉強をしなかったから
ご大層な学歴を手に入れることは出来なかった
…でも『教科書』は道の知識の宝庫として 面白い読み物だと感じていたから
何度と無く読み返した記憶がある
教科書に限らず 専門書 小説 漫画 辞典から
TV 映画 等の映像コンテンツ
スポーツ アウトドア なんかのフィジカルな体験他
全てのことに発見と 知る喜びがある
勿論ソコには 友情や 恋愛などの 人間関係も含まれるわけだが
全ての出来事は 原因であり結果でもある
そこには 何がしかの公式があり
その公式を見つけることが出来れば 結果から原因を知ることも
目の前の結果が次にどのような結果を生むかと言うことも
知りえることが可能になる

みさんは 類稀なる観察眼と分析力を持っていらっしゃるから
きっといつかは 俺の何倍もの 広くクリアな視界を得ることが出来ると思う
そのときは是非いろんなことを教えて欲しい^^
【2006/11/05 02:13】 URL | A-JIN #CofySn7Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://news23jpn.blog78.fc2.com/tb.php/15-af749d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

憂国騎士団「み」

Author:憂国騎士団「み」
国に対して憂いを感じている、という分けではなく、単に語感が好きなので憂国騎士団を名乗っています。
団長の「み」です。関東近辺に生息しております。
よろしくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。