憂国の騎士
ニュースを見て感じたことを書いたりとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入社員の質問に答えられない先輩
表題のような事が起きた時に新入社員側は
「この人はそういう疑問を持たずにずっと仕事をしていたのだろうか?」
と思うかもしれない。

「なぜ○○なのですか?」という疑問に対してこのような現象が起こりやすいと思う。

おそらく先輩も最初にその仕事を覚えた時には似たような疑問を持ったはずだ。
でも、その疑問を解消するより、とにかくなんとかする事を優先した為に
分からないまま先に進んでしまう。
先に進めば、また別の疑問に遭遇するが、これも解決せずに先に進む。
すると最初の方で疑問に思ったことなど忘れてしまう。

何年も会社に居ると、様々な疑問に遭遇しているのだ。
特に技術系の場合は多いだろう。

無数の疑問を全て記憶する事は出来ないし、それらをすべて解決する時間的な余裕も無い為に表題のような現象が起きるのではないかと考えられる。

新入社員側は先輩が答えられなくても「こいつ大したことないんじゃない」と考えるのでは無く、真摯に先輩の話を聞くべきであると思われる。

だからA君、私が答えられなくても馬鹿にしないで下さい。
(個人的な愚痴でしたw)
スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://news23jpn.blog78.fc2.com/tb.php/23-816614d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

憂国騎士団「み」

Author:憂国騎士団「み」
国に対して憂いを感じている、という分けではなく、単に語感が好きなので憂国騎士団を名乗っています。
団長の「み」です。関東近辺に生息しております。
よろしくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。