憂国の騎士
ニュースを見て感じたことを書いたりとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意味に思える校則について
http://www5a.biglobe.ne.jp/~superT/Ttold/Ttold0203.htm

茶髪や服装やピアスが生徒の個性の問題として許さなければならないとしたら、私たちは次のステージで生徒と勝負するだけです。現在、髪が赤くならないよう、耳朶に穴が空かないようにと払っている努力を、妊娠しないように、ドラッグに手を出さないようというレベルで払えばいいだけです。しかしもちろん、私は自分の子どもとはそのようなレベルで戦う気はありません。茶髪だピアスだなどという人生や運命にあまり関わりのない部分で戦っているうちは、もっと重要な問題での戦いは始まらないことを知っているからです。


一瞬納得しかけた。どう納得しかけたかというか以下の通りである。

「生徒は大人に反抗したい。だからわざとどうでも良いような規則を作って通常の生徒はこれに従わせる。例外の生徒にはこれに反抗させ、お手軽に「選ばれた者感」を与える。もし服装が自由という事になれば「選ばれた者感」を手に入れたい子供は、SEXやドラッグに手を出すしかない」

これは私好みの視点であり面白いと感じた。
学校の規則は無意味であることに意味があるという事だ。

しかし、本当にそうだろうか。生徒は反抗したいから反抗しているのだろうか。
確かに私も高校生の頃、制服を少しいじった程度で悪ぶっている級友を見て
「本気でやりたいなら私服で来れば良いのに」と思っていた。
しかし彼女らが「反抗してるカッコいい私を見て」程度の感覚で妊娠するような危険な
SEXをするとは思えない。
(上記は、そんな動機ではしないという意味であってSEX自体をしていないという意味ではない)

反抗するのは、無意味だと思える事にこだわり本質を分ってないように思える大人が馬鹿に見え、そんな馬鹿に従うのは嫌だという部分の方が大きかったと思う。

つまり馬鹿な規則を作るような大人など信用出来ないから、彼らが言う事などほとんど意味が無いのだと勘違いして、本当に自分達にとって有益な助言なども無視していたという事だ。

だから無意味だと感じられる規則などは無くすべきだと私は思う。

しかし私は服装を自由にしろと言っているつもりは無い。
服装を自由にしたら親の質の格差による子供の服装の格差が心配だ。

一見無意味に見える規則を導入したいなら運用する側が生徒にきちんとその理由を
説明出来るようになっておくべきだと思う。
そして生徒が納得してないなら、ちゃんと話を聞くべきだと思う。
道徳の時間なんて無くして、こういう事を議論する時間を作れば良いのに。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

納得できる理由を探したら、いろんな不都合が解消されると思う。
だが、また来年、新しい生徒やその保護者たちが入ってきたら、1から説明しないといけないのでしょうね。
全員が賛成とは限らないし、絶対、また、反対する人や、「この規則おかしい」という人も出てくるでしょう。
現在の校則に至った理由というか議論を冊子にして渡さない限り、経緯を説明するのは大変だな。
それでも、毎年、議論しなければならなくなるのだろうな
【2007/04/02 23:42】 URL | めだまおやじ。 #JalddpaA [ 編集]


冊子にして渡すコストが問題なら、議論をWeb上に置いて、URLを教えれば解決しませんか?
「おかしいと思ったらここを見て下さい」とすれば、どうでも良いような意見が出てくる事はある程度防げますよね。
【2007/04/07 00:39】 URL | 「み」 #qpHC7aEk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://news23jpn.blog78.fc2.com/tb.php/29-4c1b622f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

憂国騎士団「み」

Author:憂国騎士団「み」
国に対して憂いを感じている、という分けではなく、単に語感が好きなので憂国騎士団を名乗っています。
団長の「み」です。関東近辺に生息しております。
よろしくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。