憂国の騎士
ニュースを見て感じたことを書いたりとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰か宗教に対抗する勢力を作りませんか?
副題 「人間や生物は単なる物理的な存在で意味など無いと仮定してみる」

インテリジェントデザインというものをご存知だろうか?
トンデモ理論だと私は思っているが、京都大学の名誉教授がこれにハマってるみたいですね。
http://dcsociety.org/id/ningen_genri.html

上記を読んでハマりそうになった人は以下も合わせて読んで脳の情報を中和して下さい。
http://blackshadow.seesaa.net/

インテリジェントデザインという考え方は宗教と相性が良いようで色々利用されてるみたいですね。
でも結局こういった宗教的な考え方の本質は「根拠は無いけど、そう思いたいんだもん」という所だろう。
そして「科学だって分からないことはあるじゃないか」がセットになってる。

はいはい。じゃあ、もう良いっすよ。人間に意味があるのか無いのかは、保留って事で。
でも意味があるという証拠が出るまでは我々は無意味だと仮定しますよ、という事で。
こういう考え方は不可知論に似てるかもしれませんが、私のは「保留」というのがミソです。
神などの存在を本質的に知りえないとするのが不可知論ですが、本質的に知りえないかどうかは私には分りませんし、ここに食い下がってくる人と無駄な議論はしたくありません。

さて、神の存在を信じたい人は、もう宗教陣営って事で良いです。勝手にやってて下さい。
信じたい気持は分ります。不都合な真実には蓋をしたいですもんね。

私たちは「神の存在が証明されるまでは居ないと仮定する側」に立ちます。
だから勧誘とかしないで下さい。無駄ですから。

上記のような宣言をする組織を誰か作って下さい。
「宗教陣営」と「非宗教陣営」を明確に分けてしまいましょう。
分けた後は非宗教陣営の人間を増やす事を目指しましょう。それこそPR企業でもなんでも使って。

現状では非宗教陣営は数で圧倒的に負けてると思います。
しかし宗教陣営は別の宗教との結束が弱い(キリスト教とイスラム教は仲が悪いですよね)ので
非宗教陣営の方がシステムとしては有利であると思います。
だったらここらで一致団結して宗教陣営に数の上でも圧倒的に有利に立とうではありませんか。
という事で誰かがんばって対抗する勢力を作って下さい。

さて、ここから話は変わって、私は
「人間を単なる物だと仮定している間は不老不死を目指すべきだろう」
というお馬鹿な考えを披露します。
この思想を非宗教陣営の基本的な考え方にしてもらえると嬉しいです。

このせいで非宗教陣営が内部分裂しそうではありますが(;・∀・)

ちょっと説明します。

具体的な宗教は信じてないけど、何かしら「現在の人間そのもの」に尊いものを感じている人は
上記提唱に反発するでしょう。そういう人には「あなたは広義では宗教陣営です」と言いたいです。

我々にとって一番重要なのは「自分の意識」です。
「愛する人の方が自分より大事」などというのは脳が作り出した幻想に過ぎません。
一億年後にはその認識は変わっている可能性が高いです。

他人が必要なのは自分の意識にとって重要な働きがあるからであって、自分の意識より他人が上位に来る事はあり得ません。
ぶっちゃけると「自分好みの知的な何か」が開発され量産できれば他人なんて必要ありません。
しかしそんなものは現状で存在しないので他の人間が自分の次に重要な存在になっているだけです。
(思いっきり話が脱線しました)

我々は動物なので本能で色々バイアスがかかっています。
まずこれをリセットしましょう。
「花は散るから美しい」「永遠に生きるなんて疲れそうだ」という感覚も変更可能です。
言わば気のせいです。自分の意識と比べると優先順位は低いとしか思えません。

人間にとって一番重要なのは「自分の意識を壊さない事」です。つまり死なない事です。
死ぬのが怖いから言っているのではありません。
死んだら「無」だと仮定しているから言っているのです。
せっかく私は奇跡的に意識というものを獲得したのに、むざむざ壊れて無になるのはアホらしいと思っています。
もちろんこれも気のせいです。しかし他の気のせいより一番重要です。

私のこの意識は一度無になったらおそらく再生出来ないと思います。
(再生できるかもしれませんが、それに期待するより現状のこの意識を存続させる方が優先されるべきでしょう)
例えば「花は散るのが美しい」などという感傷は脳をいじる事で変更可能かもしれません。
例えば「無限に生きてても楽しいとは思えない」という予感は、無限に楽しめる仕組みを作れば解決するかもしれない。
しかし「この私の意識」は一度壊れたら再生不能なのだから、これを壊さない事を現時点では最優先にすべきだと思えるのです。

その為にはありとあらゆる手段を講じるべきでしょう。
非宗教陣営を作りましょうというのも、実はこれの手段に過ぎません。
多数がこの意見に賛成すれば法律を変える事も可能になるかもしれないという思惑から出た発想です。
例えばむざむざ死刑で貴重な生体実験をする機会を失っている場合では無いという事です。
(せめて死刑囚自身に生体実験か死かを選ばせるぐらいの事はやっても良いでしょう)

もちろん、全員が不老になった事で社会が変質し、集団自殺により人類が全滅するかもしれません。
でもそんな可能性なんてささいなものだし、不老が達成されなければ、どうせ自分は死にます。
(自分の意識が最優先なので他の人類が絶滅する事なんて心配しなくても問題ありません)

でも私は自分でそんな集団を作ってその集団の活動に身を捧げようとは思いません。
だって面倒くさいですから。
だからやりたい人がやってくれたら嬉しいなと。
スポンサーサイト

テーマ:思ったことを口に出しますが何か? - ジャンル:その他

この記事に対するコメント
誰か宗教に対抗する勢力
「宗教に対抗する勢力」として、「ブライト」というものが提案されています。日本語で読めるのはこの辺。

http://d.hatena.ne.jp/brights/20050221/p1

個人的には、このような活動は不成功に終わると思います。なぜなら、こうした思想・信念を広めるには、ある種の「宗教的な」熱意が必要だからです。「ブライト」を「信仰する」ような人たちがたくさんいれば、ブライトは広まるでしょうが、それはすでに「宗教に対抗する勢力」ではなく、単なる宗教の一つに過ぎないことになります。
【2006/10/22 02:10】 URL | NATROM #- [ 編集]


ブライトですか。初めて知りました。情報ありがとうございます。
それからコメントして頂いた事も嬉しいです。

単に認知度が少ないだけで、ブライトの考え方は広まり得ると私は考えています。
それはすでに宗教と同じだと言われればそうかもしれません。
わたしはそれで良いと思います。
宗教が勢力を伸ばした方法を使って反宗教同盟も勢力を伸ばしましょうという考え方です。
(ついでに不老不死信仰もこの同盟の一部に入れて欲しいとも思っていますが、これは賛否両論ありそうですね。「不老不死を望まないのなら、おまえは宗教側だとみなす」というのはさすがに暴論のような気もしますし)
【2006/10/24 00:17】 URL | み #eRaxJMyI [ 編集]


少し前の記事のようですが、面白そうだったのでコメントさせてください。
私も人間や全てのものが存在する事に意味は無いと思っています。
あらゆるものは単なる原子の集まりであり、それが生きていようが、死んでいようが特に意味は無く、その価値は全く変わらないというのが私の考え方です。
また、私自身、宗教はあまり好きになれません。
理由は単純なのですが、それぞれの宗教の信者は、それ以外の宗教や考え方を頭ごなしに否定し、受け入れたり自分自身の頭で考え判断することを放棄しているのではないか(飽くまで主観)と考えているからです。
この考え方に根拠たるものは全く無いといっても過言ではありませんが、宗教どうしで争い傷つけあっているのを見たとき、「君たちの崇める神は、自分の教えに背く者は絶対に間違っているから、傷つけてでも考え方を改めさせろ」などと極めて人間くさいことを言っているのか?と言ってやりたくなります。
とまあ、それはさておき、自分(人間)が単なる物体だと理解した上でも、宗教が好きではないという意志や情緒は「気のせい」で片付けられるとは思えません。つまり、存在する意味はないが意識・感情はある。意味は無くても感じるものがある限り、それらを無視して過ごすことは出来ないという事です。
団長さんの言うとおり未来では技術的に可能になるかもしれませんが、それを使うかどうかはその時の人々が判断することで、もし使ってしまえばおそらく人類滅亡+αするでしょう(まあそれはそれで有りだと思いますが)。
しかし、私達が生きている間には無理っぽいですよね、だからこそ私はこうして好きなことを言い、楽しいと感じるような行動を探し、嫌だと感じることを極力避けながら生きているんだと思います。
これは団長さんの考え方とは大分違いますか?
話が反れましたが、本題に戻ります。
宗教に対抗する勢力を作りたいとのことですが、それは、やはり難しいと思います。
理由は二つあります。
一つ目は、無宗教とは思想による徒党を組まないからこそ無宗教と言えるのだと思うからです。思想的な繋がりがあればその時点で立派な宗教になってしまうのではないでしょうか。
二つ目は、団長さんは文中で"「この私の意識」は一度壊れたら再生不能なのだから、これを壊さない事を最優先にすべき"と言われていますが、自分の意識の存在を認め、それを最優先に守ろうとした時点で、尊い何かを感じている気がします。
もし本当にただの物体だとするならば、今すぐに全ての意志を放棄し、活動を停止することになり、結局のところ当勢力を立ち上げることすら出来ないのではないでしょうか。
以上の理由で、宗教に対抗する勢力を作ることは難しいというのが私の結論ですが、こんな私は結局のところ宗教派?

追伸
自分に近い考えをお持ちのようでしたのでつい長文になってしまいました。
まとまりがない文で申し訳ありません。
【2006/10/31 20:52】 URL | Jankuri #- [ 編集]


コメントありがとうございます。

考え方は似ているのに、齟齬が生じているのは、
私の「気のせい」という言葉の使い方が間違えているせいかなと思いました。

現状でそのように感じているのだからそれを気のせいだと言うのは違和感があるという事ですよね。
私も書いてて少し違和感があったのですが、他に上手い言い方が思いつきませんでした。

結局「我思うゆえに我あり」的なことになってしまうのかな?

「自分を無にしない為にはどうすれば良いかを全人類で考えるべきだ」
という事が言いたくて、これに反論する意見「花は散るから美しい」などは
私の主張に比べれば本質的ではなく変更可能なものだという事です。

宗教に対抗する勢力があれば良いなと思ったのは
この考えを推し進めるには旧宗教勢力が邪魔だからですw

私は宗教の定義が分からないのでアレですが
「同一の思想で集まるものは宗教である」というなら私の主張も宗教ですね。
それは痛いです。

もし私の主張が宗教という事になるなら、新たに変な宗教が出来ただけになってしまいます。
既存の宗教、占い、超常現象、輪廻転生etc、を信じられない人は全員私の側だと言いたいので痛いですw

ブライトと「我思うゆえに」を合体させて「ならば不老不死を目指すべきだろう」と思える人が大勢居れば良いのにというのが、今の心境ですね。

あ、それと、私は団長と名乗ってますが、自分でこういう組織を立ち上げたり主導する立場になりたいとは思ってません。

「誰かがんばれ」
【2006/11/04 12:16】 URL | み #- [ 編集]

さらっと出だしだけ読みましたが
知識人の論としては 余りにも薄っぺらくて 続けて読む価値すら感じませんでした

人間様々な感覚でいらっしゃる方なのでしょうが
その論理で行くなら
人間は ソコに寄生するバクテリアやウィルスのために存在している
と云うことも可能になるわけで…

みさんの論に重複しますが
人間を含め全ては 『ただ存在している』だけで
ソコに意味など必要はありません
存在の意味を必要とするのは 人間が群れを作る動物であり
社会と言う群れの中で役割分担をすることで
より多くの個体を生存繁殖しようとする 種族であるからです
つまり 社会道義上の意味を必要とするだけに過ぎず
存在そのものは無意味でもかまわない といえます
ココをごっちゃにすると 意味の無い存在を (自らも含めて)許せなくなり
意味を求めて 宗教にすがることになるわけです

だから俺はこういいます
『意味など無くても生きていてかまわないんだ ただ 社会生活上必要だから敢えて歯車を演じる必要もあるんだ』と
【2006/11/05 02:33】 URL | A-JIN #CofySn7Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://news23jpn.blog78.fc2.com/tb.php/4-b7a71e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

憂国騎士団「み」

Author:憂国騎士団「み」
国に対して憂いを感じている、という分けではなく、単に語感が好きなので憂国騎士団を名乗っています。
団長の「み」です。関東近辺に生息しております。
よろしくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。